スピリチュアルカウンセラーとしての生き方を選ぶまでの経歴の一部です。

  • 美容師・メイクアップアーティスト
  • マタニティーブルーや更年期障害など女性ホルモンの変動からくる心身の不調のカウンセラー
  • ハーブコーディネーター
  • 婦人服関係・喫茶店・居酒屋・和風バーのビジネスのオーナー

「ご相談を承る」実績を積んでまいりました。阪神淡路大震災を経験して知った命のありがたみ、昇り下りの激しい人生を歩んで経験し学んだ事をからの気づきを『まずは自分自身の人生に活かそう』と向き合った結果『幸せを感じ生きる日々』を得るに至りました。恋愛・仕事・家族とのパートナーシップの構築、人には言いにくい聞きにくい悩み、困りごとはないけれど毎日が楽しくないなど多くのご相談を承っております。あなたの「生きてるって楽しい」をサポートいたします。セッションでは、ハイヤーセルフとのコンタクトを元に必要な場合は統計学やメイクテクニックの伝授なども用い"あなたらしく輝ける"道を探すお手伝いをしております。。

1965年2月に神戸市で産まれました。

実家は、父方の祖母が在家の僧侶、母方の祖父は、神社の神官の家系。12年間通った学校はカトリック系のミッションスクールでした。物心ついた時から霊感・霊視能力があり目に見えぬ世界を身近に感じ育ちました。

19歳・22歳で卵巣腫瘍摘出の手術を受けており、この経験が後にカウンセラーへの道を進ませるきっかけとなります。体外受精でさえ授かることが難しいと言われていたにも関わらず、奇跡的に自然妊娠で二人授けて頂きました。

後に息子を取り上げていただいた助産院の先生にお誘い頂き、臨床心理学を専攻しておられる先生のもとで、心理学を学んだこともこの道に足を踏み入れるきっかけとなっています。

30代半ばの頃、原因不明のめまいに襲われパニック障害、うつ病と診断され3年間、苦しんだ末に訪れた精神科の医師に勧められ婦人科で、徹底的に検査を受けストレスから、卵巣の動きが悪くなりホルモンバランスを崩したことが原因で自律神経にも異常をきたしていたことがわかりました。

元々持っていた『Moon Light』というホームページを同じような苦しみを味わっておられる方のためにも自分自身のためにも開放したこところ、NHKから出演依頼が来ていくつかの番組に出させていただいた経緯があります。

出雲市の子育て支援誌で、エッセイを書かせていただいたりもしておりましたが個人的な事情から、ホームページも閉鎖エッセイを書くこともやめ、自営していた喫茶店もやめ、会社勤めとアルバイトで生計を立てておりました。

諸事情で離婚し、その翌年から島根県出雲市で和風バーを経営しておりましたが令和元年7月27日にスピリチュアルカウンセラーに専念するため閉店いたしました。

卵巣腫瘍の破裂や阪神淡路大震災など4度ほど、あの世の入り口に足を突っ込みましたがこうして、今も生き長らえさせてもらってる。生まれ育った家の環境や経験してきた事それらを乗り越えてきた私なのに・・なぜこんな事で、自分がここまで崩壊するの・・という経験をし自己を再構築した事をきっかけにこの仕事を再開いたしました。